山田 智哉 教授,学部長

山田 智哉 教授, 学部長 Tomoya YAMADA, Director

山田智哉准教授

担当科目

経済統計学,現代経済数量分析,経済数学A

専門分野

統計学(特に多変量解析),計量経済学

研究テーマ

多変量解析における分布論および仮説検定論

正準相関分析や主成分分析といった多変量解析における分布論や仮説検定論の研究を行っている。特に特性値の漸近分布論、ノンパラメトリック検定などに取り組んでいる。さらに、経済データに対する正準相関分析の適用なども同時に研究している。

山田智哉教員の教員教育研究業績情報へ

所属学会

日本統計学会

社会活動

 

E-mail

tomoya

ゼミナール紹介

経済データの実証分析

ゼミナールのテーマはさまざまな経済データの実証分析をすることです。 専門ゼミナール?および専門ゼミナールIIの前期ではコンピュータを用いて実証分析の方法を勉強しています。 専門ゼミナール?の後期からは、各自が興味のあるテーマを決め、そのテーマに沿ったデータの収集および分析を行います。 さらにその結果をまとめて、ゼミ論文を作成しています。 昨年度のゼミ生は映画産業の分析、人口移動の要因分析、流通の変化といったテーマで行いました。

学生にお勧めの書籍

「ゴルゴ13」
[推薦理由]
これぞ大人が読むマンガ!マンガを読みながら現代社会の問題点も勉強できるゾ!!

学生へ一言

学ぶときは学ぶ(-_-;)遊ぶときは遊ぶ(^.^)何事にも真剣に行い,青春を楽しんでください.