経済学部のディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシー

学部の理念・教育目標 目次 > 経済学部のディプロマ・ポリシーとカリキュラム・ポリシー

経済学部のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

  1. 国際的視野と地域視点を持ちながら、複雑に変化する現代経済の諸現象を多角的に分析するための専門知識を修得していること。
  2. 現代の経済ならびに社会に関する様々な情報を収集し,それを論理的に分析する知識と技術を身につけて,自ら現代の経済ならびに社会の諸問題を発見し,解決する能力を修得していること。
  3. より深い人間性と倫理観を身につけ、創造的な思考能力をもって市民社会の形成に参加し、産業社会で活躍できる能力を修得していること。

経済学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 経済学部の教育目標ならびにディプロマ・ポリシー(学位授与方針)を達成するため、以下の方針に基づき教育課程を編成する。

(1)教育課程を専門教育と教養教育から体系的に編成し、学生の多様な学びを支援し、その知的関心・知的好奇心を満たし充足する。

 教養教育においては「現代社会を生きるための基礎力」、「現代社会を豊かに生きるための教養」、「生涯にわたって自律的に学び続ける力」、「社会に貢献できる力」の獲得を目標とする。この目標を実現するために、基礎科目群、人文・社会・健康・自然科目群、キャリア・総合科目群を体系的に設け、専門教育と合わせて「人と文化と社会を支え合うことができる力」の育成を目指す。

 専門教育においては、1年次に「導入科目群」、「初年次科目群」を配置し、社会科学の基礎ならびに社会人基礎力を確実にし、2年次・3年次に「専門基礎科目群」を配置し、経済的思考力や他の社会科学分野の専門基礎力をアップさせ、経済学と他の社会科学分野ならびに情報学などの基礎的分野に関する知識を養う。3年次・4年次に「コース科目群」を配置し、各分野の専門性を高める。

(2)カリキュラム体系に必修科目と選択必修科目を設けることで、基礎から専門領域までを確実に修め、経済学以外の社会科学分野の基本も広く修め、かつ、それぞれの専門を深める。

(3)専門教育のカリキュラム体系に「国際経済」、「地域経済」、「キャリアアッププログラム」の3コースを設け、経済学やその他の分野の専門性を深め、かつ、専門知識の獲得を確実にする。併せて、「キャリアアッププログラム」コースには「公共政策(公務員養成)」、「金融(FP)」、「情報(IT)」、「社会調査」の4プログラムを組み込み、職業意識の深化を確実にする。

最終修正:2016年4月18日