経済学部の目的と教育目標

学部の理念・教育目標 目次 > 経済学部の目的と教育目標

経済学部の目的

 複雑に変化する現代経済とその諸問題を探求しつつ、学生の豊かな人間性を涵養し、経済学を中心にして、法律学や情報学や社会学などの社会科学分野の知識を深め、国際的視野と地域視点を持って経済を分析する能力を高め、その知識や分析能力を活用し、同時に、異文化理解を深め、社会や産業の発展に貢献する人材を育成することを目的とする。

経済学部の教育目標

経済学部では、一人ひとりの学生に向き合う教育をし、学生諸君の「期待」や「」の実現を支援します。

1.経済学を中心にして、法律学や情報社会など社会科学分野の
分析能力を修め、産業社会で活躍する人材を育成する
経済学の専門知識を修め、国際的視野と地域視点を持って、現代経済の問題に取り組み解決する能力を育み、産業社会で活躍する人材に育成します。とりわけ、北海道の産業の発展ならびに社会福祉・社会文化の向上に積極的に取り組む人材に育成します。

2.経済学を中心にして、法律学や情報社会など社会科学分野の
専門知識を身につけ、日常生活を豊かにする教養を培う
経済学に関する多くの専門的な概念やその思考方法を身につけ、経済学の専門知識を生活に活かし、幸福で豊かな日常生活を営む教養教育をします。

3.経済学・法律学・情報学・社会学に関連した領域を総合的に修め、
市民社会の形成に参加する自律した人間を育成する
経済学は、自律した人間ならびに生命と財産の安全(すなわち平和な社会)を前提とし、経済社会の仕組みやその社会制度について考える社会科学の一分野です。経済学部では、自律した人間が市民社会の仕組みや制度の形成に積極的に参加する人間教育をします。

最終修正:2016年4月18日